FC2ブログ

荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

16 2019

捕獲に入っています。

友人の友人から頼まれ、、

住所は聞くと家のそば、、、
頼み人は、子供同級生の親




冬から、階段下に住み着いていたのは、黙認してくれていましたが、
子猫が生まれました。


用心深い黒猫母さん、、
手ごわいです。

DSC00756.jpg



この後 子猫を隠されました・・・


何匹か確認できず・・・

Posted by kayosama | 17:06 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

09 2019

生まれ変わっても、













Posted by kayosama | 19:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

05 2019

平穏な日々


何事もなく、募集の子たちもいない、、

こんな日々は、今まであったのだろうか?


可愛いたまごちゃん

家にきて1年以上経つのに、私見ると逃げます。(泣く・・)

DSC00733.jpg

撫でると、コロコロ転がって、嬉しいのですが、
多分、幼い時に人に追われた事があるのでしょう。

アメショー柄で、素敵なので、何とか里子に出そうと思ってます。










ぶっちくん

近所の公園に突然現れた子です。

去年、体調が悪そうなので、1か月かけてゲージに入れ、何とか病院で検査の結果
大腸が悪くて、体に栄養が回らない (最近、子猫も腸炎が多くて、育ちません)
大人の猫も、お腹の悪い子が増えました。

DSC00736.jpg













ボーちゃんは、4年前に保護した時からボロボロで、
それでも、食欲があり、頑張ってくれてます。
保護当時、10歳は過ぎてると言われました。

DSC00745.jpg













ばーばちゃん

ビニールハウスから、引き取ったおばあちゃん猫

鼻がつまり気味なので、加湿器が必需品ですが、
最近、夜になると、遠吠えのように泣きます。


ボケてきたのかも、、

DSC00738.jpg














自分の産んだ子ではない子猫を育てていたおせちちゃん


ほとんど幻の猫でしたが、ガリガリに痩せて来たので、何とかゲージイン

FIPの可能性があると思われたので、安静モードで暮らしています。

DSC00742.jpg

布で覆っただけですが、決して覗かず、声もかけず、近寄らず、、













1年以上、、太ってきたみたい


DSC00741.jpg





心配なのは、後

農家からのお米ちゃんと、肉まんちゃん(太ってきた)

それから、、、

大きな子猫たち、親子猫、、


まずは、平穏な平山一家です。

Posted by kayosama | 18:49 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

19 2019

でんでん12歳

里子に行った子たちの訃報が、あちこちから届きました。

保護当時を思い出して、泣いてしまいました。

たくさんの愛情を注いていただき、幸せな犬生を送り、笑ってお空に昇って行った事でしょう。
里親様には、心より感謝いたしております。

ありがとうございました。


7年前 名寄保健所に入ってるコッカプーを引き出してほしいと頼まれました。
フレンドリーだけど、自分は今引き出せないので、頼むという事でした。


私は、コッカの先天的な攻撃性が分かっていたので、何度も念を押しましたが、

保健所の職員も大丈夫なフレンドリーな子だから、、と

気が進まないけれど、名寄保健所に引き出しに行きました。




ブログより



ひと目見て、噛み犬だと分かりました。

気が向いた時だけ(おやつをもらうとか、、)普通ですが、
それ以外、何も出来ません。


職員さんは、おやつを上げて、機嫌を取っていましたが、
かなり無理がありました。

職員さんが、あまりに一生懸命なので、、、
「最初より良くなった、良くなった、、もっとよくなりますよ」と言ったけど、、
無理だとも言えず、、、、


そのまま、帰りたかったのですが、、、
殺処分になると思いました。
この子は、普通に飼うことできないのは、目に見えてました。

あきらめて、連れて帰りました




その後、飼い主が判明、

何度も保健所に相談していたようです。

甘やかして、我儘にして、噛むようになり
訓練所に入れけれど、力ずくのタイプのトレーナーで、まずますひどくなり、

トリミングをされていましたが、これも、口輪で身動きできなくしてトリミングされていたようで、
バリカンの音で、狂ったように吠えました。


引き取って数日後、元の飼い主の親戚から保健所に相談があり、判明しました。
保健所の方が、すまなそうに連絡してきました。
優しい方で、引き取りますと言ってくださいました。


しかし、たぶん、、誰もまともには飼えないと思いました。
そのお宅で、もし噛んだら、、大変なことになります。


その時でんでん5歳


私はバカだった!

何度も思いましたよ!



そして、今 でんでん12歳




DSC00724.jpg











続きを読む...

Posted by kayosama | 18:25 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

02 2019

ぼぉ~と生きてました。


目いっぱい20年走り続けた平成を、ぼぉ~と見送りました。

令和が、いい時代でありますように、、


いとしちゃんが、道南の預かりさんちに行って、
平山一家のワンは、ガオガオのコッカのでんでんと、れんげちゃん、全盲のグリフィンのルイくんの3匹になりました。




飛行機に乗って、、

DSC00702.jpg







預かりさんちの大きいプードルちゃんと、小さいプードルくん

DSC00706.jpg



いとしちゃんは、落ち着くようにしばらくゲージイン



優しいママと、お兄ちゃんに気に入ってもらえました。












帰りに、近くの柴犬ゆり子ちゃん改めあずきちゃんちに、、


すっかり、お嬢さまになったあずきちゃん



でも…昔のなごりで、ゲージの中が落ち着くんですって、、、


DSC00710.jpg








体中から、幸せオーラがあふれ出て、素敵な笑顔のあずきちゃんでした。

DSC00709.jpg




家に帰って、ほっとしてぼぉ~としてました。。。


でも、、、紋別保健所の15歳の老犬に、声をかけ、、

千葉のがんドッグレスキューの代表からシーズーMIX多頭崩壊(100匹)のお手伝いを頼まれた、、

どちらも何とかなったようです。

いい時代になりました。



やっぱり、ぼぉ~とするようになってるんだなぁ~とぼぉ~~とする事にしました。












しかし、、

猫ちゃんの方は、


幼くして、地域猫の手術を受けたけど、餌やりさんが80代のため、

巡り巡って平山一家へ


1歳前ですが、人馴れイマイチ


DSC00715.jpg






こちらも、、地域猫の手術後 餌やりさんが病気のため、
なぜか、、巡り巡って平山一家に、、なぜだ!!!



人馴れ、、ちょっと触れるけど・・・ぐらい・・


IMG_4874.jpg





一気に猫ちゃんが増えて・・・後15年は死ねないよ~~~と嘆くこの頃です。










ボロボロのお米ちゃんは、


突然食べなくなり注射器で食べさせていましたが、吐くため中止

色々試して、缶詰の「黒缶」を食べてくれて、、ほっと、、したのも付かぬ間に、下痢・・

下痢止めの注射で、吐く、、


原因不明、、


長年体のあちこちで、炎症を起こしていたせいのようです。



今まで、ゆっくり眠れたことがあるのだろうか、、、不憫です。




DSC00716.jpg



魔の連休に突入!


無事過ごせますように、、、

Posted by kayosama | 20:17 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

next»

© FC2 BLOG / ooq:blog