荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

27 2017

でんでんは、なぜ噛むのか?


でんでんが、なぜ噛むようになったか、?
少ない情報と、推測と一般論で考えてみました。
(すみません、長くなります。)

アメリカンコッカは、噛む子が多いと言われる犬種です。
でんでんは、その中でも、アメリカンコッカに良く出る遺伝的疾患である激怒症候群思われます。

私的には、それほど重症ではなかったと思います
今、でんでんは、噛む前に唸ります。

しかし、

犬種を理解せずに飼った飼い主は、子犬の時はあまやかしと可愛がりを取り違え、我儘に育てました。
そのため、でんでんは、気にいらないと噛むようになったと思います。

飼い主は、トレーナーに預けたようです。
そのトレーナーは、高圧的に威嚇するタイプの方だったようで、(噂です。)
そのうちに断られたようです。

たぶん、手に負えなくなったのでしょう。
普通に犬でも、信頼関係が築けるまでは、怒ったりしないのが訓練です。
特にコッカは、絶対に怒ってはいけないと聞いています。

20年ぐらい前、訓練所の方に聞いた話ですが。
北海道に最初の入ったコッカが噛み癖あったため、その血統の子が繫殖されて、「北海道のコッカは噛む」と言われているのだそうです。
現在は、全国から犬が来ますので、この説は違ってきてると思います。

捨てられたとき、でんでんは、トリミングしてありました。
良く見ると、口の周りはボサボサでした。

生まれてから、3か月に1回はトリミングをしていたと言われるでんでんが、なぜバリカンの音で、怒り狂うか、
小さい時から、酷いトリミングをされていたからだと思います。
たぶん、口輪をして、動けないように抑え込まれて、バリカンを使われていいたと思います。

そして、でんでんは、レットゴーンの犬になりました。

子供が出来た飼い主は、保健所に引き取りを断られて、でんでんを捨てました。


最初は、散歩で体が擦れ合っただけで、噛み付いていたでんでんですが、
今は、気にしなくなって来ました。

我儘と臆病で、気に入らないと唸るでんでんでしたが、ちょっと我慢できるようになりました。


問題は、

まず、激怒症のコッカを、繫殖したこと、

犬種の性格を考えずに、犬を買ったこと

あまやかしと愛情を取り違えずに、躾をしなかったこと、

信頼できるトレーナーに預けなかったこと、

トリマーさんをちゃんと選はなかったこと


飼い主を選べないでんでんですが、しっかりした飼い主に巡り合っていれば、幸せに暮らせたと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



IMG_2993.jpg















Posted by kayosama | 20:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

23 2017

でんでん 10歳

でんでん、家に来て5年目 10歳になります。

なぜ家に来たとき5歳だと分かったかというと、、
飼い主が分かったからです。

でんでんを引き出した翌日、飼い主の親戚と言う方が、保健所に電話してきて、
「親戚の犬がいない、飼い主は里子にだと言うけど、ウソだと思う」
聞いてみると、でんでんの事でした。
(保健所に何度か飼い主が電話してきていましたし、、)

でんでんが貰われたと聞くと、その方は
「もし、飼いきれなかった家で飼います。」と言ってくださいました。

でも・・・

たぶん・・無理・・・

私でさえも、触れないし、リードも付けれない、、
もし、そのお宅に行っても、飼いきれないと思われました。






なので、、
「でんでん!、母さんが一日遅れたら、よそのお宅で人に噛み付いて、きっと処分だったよ。
お前はラッキーボーイだよね。」
と話したのもです。



そのでんでんも家に来て5年

なんと!

見てください!

IMG_2997.jpg


分かりますか?

前髪です!前髪!

病院で、カットしたんです。。バリカンで!
でんでん、、いい子にしてました。
ついでも、目もきれいに洗いました。
まあ、、口輪はしてましたけどね

感動のあまり、飛び跳ねてしまった私です。

もしかしたら、、シャンプーが出来るかも、、、

せめて、目薬を。。。

最後には、パニックけど、いい子のでんでんでした。




「ぼく、いい子です。」byでんでん

IMG_2994.jpg

Posted by kayosama | 19:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

18 2017

ひまるくん急遽しました。


あてれんさんちの子になった、千歳多頭飼育のミニダックスひまるくんが、突然お空に昇って行きました。


クッシングと甲状腺ホルモン機能低下症で、治療を続けていました。
体調が悪くなっても2,3日の入院でいつも復活してきた奇跡のワンでしたが、今回は復活できませんでした。

あてれんママ命のひまるくん、
いつも、いつも、ママの後を追い、いつもいつもママの姿をじっと見つめていました。




ようこそ平山一家へ


いつもいつも一生懸命だったひまるくん、
あてれんさんちに行ってからは、ほんわかぼうやになりました。



大騒動

あれから、何回か手術をしていただきましたが、病気のせいで皮膚がくっつかない状態でした。





預かり日記から、

あてれんさんちの子になったひまるくんの記事

お待たせいたしましたっ。

素敵な卒業ソングでした。

歌ってみました。
ちょっと涙が出ました。





ひまちゃん、幸せだったね。



IMG_3006.jpg


あてれんさん、ひまるくんがあてれんさんちの子になって、本当に良かったと思います。
ひまちゃんは、幸せ者です。

ありがとうございました。

Posted by kayosama | 18:32 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

09 2017

春です。



猫ちゃんたちには、今が春真っ盛り、発情の季節です。



旦那が体調を崩して日赤に入院(もう退院しました)
日赤に行って帰りに駐車場をでたところで・・・
遠くに、道路を横切る猫が見えた・・・


まずい・・見てしまった・・・
しかも、あの歩き方は、縄張り内だ・・
一瞬迷ったけど、、行ってみました。






ごく普通に街中の通り、、

IMG_2990.jpg









駐車場の奥に、、


IMG_2991.jpg












物置が、、、

IMG_2986.jpg















雪のおかげで分かりやすい、、

IMG_2987.jpg













たぶんこの中に住んでる、、

IMG_2984.jpg






IMG_2985.jpg







側にフードを置いて、翌日に行ってみると、ひとかけらも残っていない、、、
近所の人が掃除したのかと思ったのだけど、誰もいない・
隣の薬局の話を聞くと、、
1匹以上は居るらしく、町内でも問題になっているそうでした。






えさやりさんは、今は仕出しをしている方、、

早速話をしてみる。
町内の人たちに言われると、えさやりを認めなかったらしいけど、、
私は、まぁ餌やりさんとは、なぜかすぐに仲良くなるんです。







猫たちを倉庫以外に、プレハブでもお世話していました。
猫トイレ付で、、、

IMG_2988.jpg



この場合は、あにまある(保健所)が入れる状態なので、
(しっかりとした餌やり、近所も理解してくれた)
あにまわるに、お願いすることになりました。


3月末に、一斉に捕獲手術になりました。



えさやりさんとしては、保健所に手術してもらえば、堂々と餌やり出来るものね。


Posted by kayosama | 19:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

06 2017

喋るネコ



ただの親ばかだと思いますが、、

Posted by kayosama | 19:31 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

next»

© FC2 BLOG / ooq:blog