FC2ブログ

荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

21 2011

1週間経ちました。

たくさんの励ましのコメントを、ありがとうございました。
思わす涙ぐんでしまいました。(やっぱり私はへたれです)

口下手でコメントのお返しが出来なくて、申し訳ございません。



1週間経ちました。
ご返事は、ありませんでした。
なんとなく、寂しい気持ちです。


私は、還暦は超えました。
これからは、若い方のお手伝いをして行こうと思っています。


ボランティアを志す若い方々、しっかり、ボランティアについて自分自身で考えていただけたらと
思います。


私自身、常にこう思って生きてきました。

この仕事は、「見てみないふり」ができる仕事です。

「見てみないふり」をしても、誰も文句もいいませんし、非難もしません。
自分自身でも、「ほかの人がやるかも、、」「別に私がやらなくても、、」
いくらでも言い訳ができます。

でも、1度「見てみないふり」をすれば、2度、3度
やがて、普通になり、
あっと言う間に、ぶれて変わっていってしまいます。
そういう人を、何人も知っています。


地域猫の現場、犬の引き取り、ブリーダー、保健所の職員さん、そして里親さまなど、この仕事は、人との
関わりが大切です。

自分の言葉に責任を持ち、いつも変わらぬ信念を持ってお話をして行く事によって、信頼関係を築いていかなければ、何もうまくいかない仕事です。


ボランティアを志す若い方々が、

ぶれない芯を心に持ち、それを自分の誇りとして、立ちはだかる壁に立ち向かって行かれるよう、心から願っています。


出来ることなら、そういう方々のお手伝いが、ずっとできるとうれしいです。



この度、ご心配してだくさった方々、ありがとうございました。

もう少し、後もうすこしがんばって行きたいと思っております。


 

Posted by kayosama | 16:28 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

© FC2 BLOG / ooq:blog