FC2ブログ

荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

29 2019

それでも頑張ってます。

1か月もしない間に、3匹の猫ちゃんがお空に昇っていきました。

どの子も、長く患っていました。

去年の12月に農家から、ボロボロでやってきたお米ちゃん

持ち直して、すっかり甘えんぼになり、いつも頬ずりしては、チュしてくれてました。

腎臓が悪くなり、ボロボロのまま逝ってしまいした。

たった6歳でした。



IMG_4865.jpg





餌やりに公園に捨てられた老猫のボーくん(ボス猫だと思ったら、気弱だったので、ボー君になりました。)

10歳は過ぎていて、たぶんエイズを発症していたと思います。
野良で長く暮らしていたと思われるので、病院には連れて行けず、調子が悪いと薬を飲ませていました。

それでも、4年、ボロボロのまま頑張って生きてくれました。
ご飯が大好きで、良く食べてくれて、親子孝行の子でした。



ボー君の一緒に、公園に捨てられたブッチ君、2年前から痩せ始め、酷い下痢が治らず、腸炎が続く状態
になりました。(最近子猫が腸炎で良く亡くなりましす)

療養食をこまめに食べさせ、時々調子が悪くなると洗濯袋に入れて、点滴に行きました。
それでも、2年頑張りっていましたが、急に強度の脱水になり、あっという間に逝きました。


たくさんの子を見送ってきました。

いつの頃からか、泣かなくなりました。

泣くまいと思うようになりました。


ああすれば良かった悔やみ、後悔して、泣いて自分を憐れむのは止めようと思いました。

そして、、もっと気を付けて、、こうしよう、、とか、、、思うようにしようと、、

でも、

悲しみが澱のように溜まってきて、時々ぼぉ~と、空を眺めたりしてしまいます。

それでも、
今まで、見捨てた子たちを、一生背負っていこうと決めた日から、
長い日々が過ぎ、これからも長い日々が続いても、
この子たちの事は、忘れずに、ずっと覚えて行こうと思うのです。





Posted by kayosama | 20:03 | Comment [2] | TrackBack [0] | その他

next»

© FC2 BLOG / ooq:blog