荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

22 2011

福島原発被害の動物たち


ナイトビジョン・ゴーグルです。アメリカから調達してお送りいただきましたが、早速9月18日から使用させていただきました。ご主人様のご理解にも感謝しております。あり...

続きを読む

今週も沢山のフードをお送りいただきありがとうございました。皆さまから寄付をいただいてから概ね3トンのフードをご寄付頂くことができました。この2か月どれだけの動物たちが生き延びたことかと思うと感謝するばかりです。そのうち1トンは警戒エリア内に備蓄し厳重に保管しておりますので、一月分は大丈夫です。しかし、この3週間警備が次第に厳しくなり、すでに殆どの獣医師の皆様、動物救援本部などの従来の政府寄りの保護をしていた者でさえ、警戒エリアへ入る許可証の剥奪が行われ、現在はどの団体も入ることができません。さらには、民間ボランティアの締め出しが行われ、既に50名以上の逮捕者が出ております。警察は逮捕してボランティアを5.6時間も嫌がらせの取り調べをしてプレッシャーをかけ、以後二度と入らないように仕向けておりますが、訴訟などの反対運動を恐れて、法的証拠を残さないようにするために拘留をさけて始末書を書かせた後で釈放しております。これらの影響ですでに殆どの民間ボランティアは侵入できていませんが、更に警察は、これまでパトロールだけで巡回していたバリケードに、機動隊のワゴン車を配備し侵入監視をするようになりました。これに対抗するべく、HOSHI FAMILY レスキューゲリラ隊では、赤外線偵察装備、電動昇降機、油圧システム、監視偵察カメラ、700m先まで明るく見える赤外線灯光器などの強化を進めて隊員の安全と侵入に万全の装備を始め、どのようなバリケードでも5分以内に突破できるステルス装備の拡充を初めております。装備にはかなりの費用を伴いますが、皆さまからの支援金でこれらまかなうしかありません。同時に9月からは国内、海外での写真展などを開催し、福島の真実を多くの方に知っていたいただくための運動を始めるとともに、海外メディア3社と連携してドキュメンタリーの作成をいたします。今後は他の組織の皆様との連携をとり、この問題に取り組んでまいりますので、皆様の支援をお願いいたします。

作成: 星 広志

Posted by kayosama | 19:42 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://nadeshikodays.blog77.fc2.com/tb.php/1227-cae0a6eb

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog