荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

30 2012

でんでん 限界!



やっと思いで捕獲した母猫は、預かりのpocoおおばあちゃんちで、人なれしてる事がわかり、リリースせずに、
様子を見ていました。


この子が、ちょっと離れたお宅での車庫で、暮らしていた子らしいとの事で、
話しに行きました。

その子であれば飼ってくださると言うので、昨日見せに行きました。


やはりその子で、もういないとあきらめていたとか、、
ところが話してみると、家の中に老犬2匹いるし~
外に行きたがるだろう、、

1部屋開けて飼ってくださったらと言うと、毛が抜けるから、、(パグを飼ってるのに・・)



ついに、「平山さんちで、幸せななるんだよ」




良く言うよなぁ~~

私には、怒って睨みつける賢い母猫が、甘えて一生懸命泣いてるのに、、

まいたけちゃん(すぐに名前を付ける私)が、哀れでした。

一緒に行ったpocoおばあちゃんは、
「見た時すぐに、この人は飼うつもりが最初からないと思ったよ」




現場に入ると、地域の人にとっては、私は猫を介してのみの関係です。

ですので、その人の本質が見えてきます。その人その人の思惑も、

その思惑で、猫ちゃんの命が左右されるのは、見る事が段々辛くなってきました。(私も年です・・)



昔は、怒鳴って大喧嘩をしたものです。(懐かしい~)

今は。、テレビなどで情報が行き渡り、みなさん表向き広い心で接してくださいます。

でも、本質は、、自分の都合は、

偽善の仮面は、すぐに剥がれます。(私は、その人の人間関係にかかわらない立場ですから)

そう言う私も偽善者ですが、仮面はかぶりません。




すみません、、長くなってしまって、、、(おしゃべりなもんで、、)





でんでんの限界は、、


IMG_2705.jpg



いくらなんでも、トリミングしなければ、、







病院の先生とトリマーさんと相談。


強い安定剤を打ってもらって、

2,3時間が丸刈りに、、

IMG_2702.jpg

とにかくやってみて、うまくいかなければ、その時考える事にしました。


今までは、たぶん、口輪を付けて無理やりやっていたと思うけど、また怖い思いをさせて、逆戻りにならにようにしたいと思っています。

Posted by kayosama | 19:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

«prev | home | next»

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog