荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

26 2013

ブリーダー放棄


ブリーダー放棄と思われるビーグル5匹が、名寄保健所に収容されました。




人が行かないような場所に、ゲージ2個に入れられ,

保健所に「たまたま見に行って見つけた」と男の人から電話があったそうです。


1匹は、地元ボラさんの友人が引き取ってくださいました。




IMG_0047.jpg


オス、1歳ぐらい 未去勢

まだまだ子供です。
人の言葉を、理解しようとしません。
1から躾、トイレトレーニングが必要です。










IMG_0064.jpg

メス  7歳ぐらい 声帯が切り取られています。

たぶんトイレのトレーニングが出来ていないと思われるため、最初ゲージ飼いをする必要があります。











IMG_0071.jpg

メス  7歳ぐらいだそうですが、もう少し若いかも知れません。

     声帯が切られています。










IMG_0073.jpg

メス  7歳ぐらい 声帯が切られています。







この子たちは、ブリーダー犬特有の落ち着きのなさ、トイレが出来ないなど、大変が面が多いですが、

この子たちが心を開いていく様子、愛情に答えられるようになる姿は、何物にも勝る喜びになると思います。


よろしくお願いします。



詳しい情報は、


名寄保健所(上川総合振興局 保健環境部 名寄地域保健室)
 生活衛生課 主査(環境衛生)
 電話 01654-3-3121(8:45~17:30)

Posted by kayosama | 19:52 | Comment [3] | TrackBack [0] | その他

«prev | home | next»

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Commented by [] | 04/26 20:34| edit

おはようございます。
このビーグル達の事は、私も気になってブログに掲載していました。
この情報も、追記で転載させていただきました。
事後報告で申し訳ありませんが、
不都合 等 ありましたら、削除しますので
ご連絡下さい.
よろしく、お願いいたします。m(_ _)m

Commented by 鈴蘭 [URL] | 04/28 11:08| edit

声帯を切られ、狭い場所に閉じ込められ、ただ繁殖させられるだけの日々、、、ひどすぎる。
犬は商売道具じゃない!犬にも心がある!と叫びたいです。
ボランテイアの方々には、いつも、「感謝」です。

Commented by Mareママ [URL] | 05/01 13:18| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog