荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

05 2013

説明不足ですみません。



先日の記事ですが、、

説明不足ですみません。

とても込み入っているのと、今後の猫ちゃんの事を考えると、あまりはっきり書くのも、、まずいし・・・

元々私は、「言葉が足りないよ~~」

     「平山さんと付き合って3年経つので、話についていけます」

と、預かりさんに言われるくらい、一人思い込むタイプなのです。


でもあの社長さんの記事は、考慮に考慮を重ねて書いたつもりなんですが・・・
やはり、言葉が足りなかったです。



しっかり反撃した、、のはちょっとまずいので、書けません。
(私は、人間に対しては、いい人ではないですから、、)
今日、社長の奥さんが訪ねて来て、私の散歩の途中で出会い、道の真ん中で、喧々諤々と話して、
お互い、これからまったく関わらない事になりました。

私としては、現場は会社の駐車場と隣り合っていますので、奥さんが今後一切猫については関わらないし、何も言わないと言ってくださっただけで十分です。

これで、猫たちも安泰に暮らせると思い、嫌われたけど別にいいです。



最初に、譲渡会について、間に入ってくださった地元ボラさんが、「私が猫を持って行ってくれる」みたいな
話しをしたのが、発端のようです。


普通なら、猫の事でないなら、
社長さんも、あんな風に言うのは、まずいと気が付いたのでしょうがね、、

現場では、猫ちゃんの事を思って私は、とてもおとなしくて、物静かなんです。(ほんとです。)


犬猫の現場では、めったに見られない人の素が透けて見えるんです。




説明不足のところ、

社員が、轢いてしまった子猫は、知り合いの地元ボラさんに引き取って貰いました。
その方が譲渡会の話してしてくださいました。

その時点で、社長や奥さんは、ボラは猫を引き取ってくれる物だ思ったようです。




社長さんは、譲渡会で裏の猫を里子に出すために、場所を提供したと思っていたようです。
(私は、ただ好意で貸してくれると思っていた)
どうして、慣れていない子を里子に出せると思ったのか疑問ですが、、



社長さんとしては、話しているうちに(私は現場なので、黙って聞いてる)、エスカレートしたので
しょうね。
いろいろ面倒を見てくれた社員に「お前もここで、話を聞いて置け!」とか言って、段々社員に話してるつもりになったんでしょう。


3万円は、私が勝手に決めて持っていきました。
ずっと、「ただで場所を貸してやった」と、社長に言われたくなかったからです。


猫にご飯を上げていたのは、Kさんと餌やりさん(配達の関係で毎日現場を通る方)でした。
kさん宅は、問題を多く抱えているお宅でしたので、説得に時間がかかりましたが、
今は、私と餌やりさんとで、ご飯を上げています。


この現場は、11匹いましたが1匹母猫が亡くなって、6匹引き取り、
現在は、4匹ご飯を上げています。


近所の子猫を引き取ってお宅は、10匹すべて引き取りました。(地元ボラさん3匹)
(1匹死亡)

今回、猫が微妙に人慣れしている事、状態があまりに悪い事などから、、
合計13匹抱える事になり、必死だったので、社長さんへの説明が不足していたのでは、反省しています。




また、長くなってすみません。




ついに、、最後の猫




IMG_4594.jpg




















Posted by kayosama | 20:36 | Comment [1] | TrackBack [0] | その他

«prev | home | next»

わざわざご説明いただいてありがとうございました。
"社長夫妻"が人間性を疑うような人たちであることは
理解できました。本当に大変でしたね。

4回読み返してみましたが、結局猫は何匹なのか理解できませんでした。
現場は2箇所あったんですか?
16匹引きとって4匹現場で餌をあげてるんですかね?

理解できるようになるにはまだまだ修行が足りないようです。

一生懸命「命のリレー」をなさっていることを応援しております。


Commented by SKM [URL] | 05/05 21:32| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog