荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

06 2013

悔しくて情けない、、



一昨日の夕方、道北のボラさんから名寄保健所に乳飲み子の子猫10匹収容されたとの電話がありました。
その日のうちに、引き取れなかったようなので、翌日名寄へ、、

預かりさん2軒確保して、8匹連れて帰る予定でした。(2匹は現地ボラさん)


ここからは、、しばらく画像なしです。(それどころでなかったため)

名寄保健所で、収容塔に行くと、

なんと!

乳飲み子は、、

大きなゲージの中の丸いペットヒーターの上に、乗っているだけではありませんか、、、しかもオシッコ
でぬれて・・・


案内してくれた男の方と、部屋にいた男の方は、見てるだけ、、

大急ぎで、持ってきた段ボールの中に入れようとしたら、、冷たい・・濡れてる・・


私は、怒りましたよ!!


怒り心頭です。(書いている今でも、体が震えるよ!)




「あなた、自分の子供をこんな風に置きますか?」

「ふつう、何かかけてあげるとかするでしょうが」

「猫を捨てる人でも、段ボールぐらいには入れるよ!」


「状態が悪い子を連れて帰って、お金と手間を掛け、3日で死なれるボラの気持ちにもなってください」

「ボランティアに引き取ってもらうのなら、それなりに対応するべきではないですか」


などなどなど、、など、、

怒鳴りまくって、最後に、

「もう2度とここには来ません!」



それから、現地ボラさんに連絡して、、

ドライヤーとミルクを用意してもらい、そのお宅で、

3人がかりで、

ドライヤーで乾かし、熱いミルク、、オシッコをさせる、、

また、、

ドライヤーで温め、熱いミルク、、オシッコと、

ひたすら、、続けで、、何とかホッカホカに、、


この時すでに9匹しかいなかった。

大急ぎで7匹連れて、旭川まで2時間(現地ボラさん2匹)

しかし、

預かりさん宅に着いてみると、2匹亡くなっていました。

預かりのオニキスままが、夜中1,2時間おきに、脱水しないようにミルクとオシッコをさせましたが、
夜と明け方に1匹づづ亡くなりました。

(1日早く、連れてきてれれば・・・)

先ほど、現地ボラさんから、2匹とも亡くなったと連絡がありました。





残った子は3匹

IMG_4939.jpg











オニキスままが、必死にお世話してくださってます。

IMG_4934.jpg










オニキスくんも心配そう

IMG_4921.jpg



 
何とか、今日と明日生き延びられれば、、、

Posted by kayosama | 21:21 | Comment [1] | TrackBack [0] | その他

«prev | home | next»

オニキスままさんにミルクをもらう顔の、しあわせそうなことといったら。。。ほんとにもう。。。

Commented by [URL] | 06/10 11:11| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog