荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

04 2014

やるしかない

うまく行ったり、吠えられたりしながら、お散歩を楽しみにしているノア


ところが、3日ぐらい前から、目が脹れて結膜炎みたい・・・

アレルギーかも、、

昨日は雨で、少しいいみたいだったけど、、それになぜか、、前の右足をすこし引きずってる・・


IMG_7578.jpg



仕方がない、、やるしかない!


病院へ連れて行こう!


去勢済みだから、病院に行ったことがあるはず、、




(すみません、ここから画像なしです)


にっこり笑って、、無理強いせず、、車に乗せれた。



病院へ、

先生に事情を話して、「触った事は、ありません」


「ノアが自分から、触って欲しがらない限り、触らないつもりです。」



でも、ノアちゃんも、にっこり笑って、先生の手をクンクンして、ご機嫌な様子
(お前、外ずらいいんじゃない、、と思う私)


目に何か入ったらしい、、

先生に目薬を入れて、目を拭いてもらったノアちゃん
(出来るんだ、、とビックリの私)



先生に「目薬を入れてください」と言われて、、

へたれな私は、

「無理です。

 先生!今1日おきに病院に来ているので、連れてくるので目薬してください」と頼みました。


足は、ひねったようなので、痛み止めの薬をいただきました。





家に帰り、薬を飲ませて、ホット一息。。。

夕方の散歩の時、目薬を居れる練習にと、顔に付いた雪を取ったり、ちょっと撫でて見たりしました。

(大丈夫みたい。。)


しかし、、

お散歩から帰ってゲージに入れた途端、、振り向いて、、牙をむき出して吠えました!

今まで吠えられても、牙をむいたことはなかったのに・・我慢してたのかな、、




たぶん


飼い主が触る=殴られるかも  殴れるかもしれないから=大人しくする

ゲージに入る=殴られない   殴られないなら=もうやらないでと吠える



ゲージは、ノアにとっては、殴られない安全なところ、、

ゲージをたたかれそうになって吠えても、飼い主はノアを殴ることは出来まい。

ノアにとってゲージは、怖いけど叩かれない場所


だからノアは、ゲージに入ると側に人が来ると、「寄らないで」と吠える
いつもゲージの中から、私の事をじっと見ているノアです。




「ノア分かったよ、もう触らないから、、、約束するよ」

「病院へ行って、先生に目薬を入れた貰おうね」



Posted by kayosama | 23:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

«prev | home | next»

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog