荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

18 2017

12月は、、つづき


首が曲がらなくなって、頭痛もして、時々平らになって寝てます。

犬の学校の先生から、
前に訓練にきていたパピヨンの飼い主さんから、高齢て体調が悪いため、パピヨンのラッキーちゃんを手放したいとの話がありました。
訓練に来た子たちの相談に乗る先生なので、お話しして、
学校ので訓練しながら、里親を募集することにしました。

IMG_2684.jpg

以前の訓練は、我儘な時に、噛んでしまうとの事でしたが、
酷い物ではなく、飼い方によるものだったっそうなので、再訓練と高齢者一人で飼われていたため、社会性がなく臆病なので、
ゆっくり治して、里親募集をする事にまりました。



1か月経った12月

突然、寂しくて仕方がないので、引き取るとの電話があり、妹が迎えいに行くから、、、、


自分で来れないぐらい体調が悪いののに、大丈夫なの????


そこで、先生と相談

前に訓練に来ていた時も、途中で寂しいからと、連れて帰ってしまった過去があり、
今返しても、また手放すと言ってくる可能性が大のようです。

ラッキーちゃんにとっても、精神的に良くありません。

手放したらどうですか、、と話しても、、
たぶん、聞き耳をもたないでしょう。


そこで、
飼い主以外には、犬は渡せない、、
手放さないで、飼いづづける
親族に相談する(勝手に決めていたようなので、、)

この3点を文書にして確約を貰いました。


親御さんが寂しいだろうと、仔犬を買う方たちの話を、良く聞きます。
犬は、寂しいから飼うものではないのです。

犬のために、もう飼わないという選択をするのも、愛情です。
自分の体力、環境に合わせて、高齢の犬とまったり過ごすのも、幸せだと思います。



Posted by kayosama | 19:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

«prev | home | next»

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog