荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

11 2007

治療変更


抗生剤治療であまり症状が良くならかったため対策を相談中に、リランちゃんがお水のようなウンチをしたため、すぐに検査

真菌性の腸炎の疑いで培養してみましたが、違いました。

2007_11070022.jpg


酒井さんからいただいたコメントのIBD(炎症性腸炎)について聞いてみましたところ、

「たんぱく質の数値から見ると、まだそこまでは行っていないと思う

たぶん、腸が非常に荒れているのだろう。

そういう場合、繊維質の多いWDフードは得策とは思えない。」

そこで治療変更

普通のフードに、飲み薬で様子を見る事になりました。
今家では、ニュートロを食べているので、ニュートロのシニアを少な目の50グラムぐらいお湯で少しふやかして、満足感があるようにする事にしました。

クッキング用のチーズをレンジでチンして溶かし、錠剤とカプセルに薄く包んで飲ませます。

いただいたサプリメントなどがありますが、治療の方向が正しかったか分かるまでは、お薬のみで1週間

がんばるぞ~~

Posted by kayosama | 21:29 | Comment [1] | TrackBack [0] | ダルメママと6匹のこどもたち

«prev | home | next»

良くなるといいですね。
下痢は、本人も飼い主さんもつらいものですものね。

うちの猫も子猫の時に下痢が止まらず、検査しても分からず、ずいぶん悩みましたが、結局はコクシジウム(必ずしも検便で出るとは限らない)でした。
分かってしまえば、「なーんだ」という話なのですが・・・

何度か検便をしてみるのも良いかもしれませんね。

Commented by 酒井 [URL] | 11/13 10:03| edit

TrackBackURL: http://nadeshikodays.blog77.fc2.com/tb.php/276-2a34787e

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog