荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

12 2007

衝撃は手術の後に


6月のはじめ、じろ子ちゃんは発情したらしいと電話がありました。
4ヶ月は過ぎてるとは思ったけど、6ヶ月にしては小さい

すぐに手術をする事になりました。(猫ちゃんは、発情中でも手術が出来ます。)

手術後お迎えに言って帰るクルマ中で、寝ぼけながら時々、うなっていました。
変わってるねぇ。。。この子と話ました。

2007_08040029.jpg


翌日電話があり、じろ子ちゃんがバタッと倒れて、痙攣した、、、

てんかんだ!!!

病院に行っても、もう治まってるので意味がない、てんかんのワンちゃんと2年半闘病した経験から、まずは安静で、様子を見ることにしました。

病院に電話、、
「手術後、麻酔の影響でてんかんがおきる事があるので、しばらく安静に、、、」

麻酔か・・・


しかしそれから、2,3日置きに、酷いときには1日3回の発作
そのたびに、ゲージの中で爪もはがれるほど暴れました。

私は見ていません。間に合いません。

7月、8月、
薬は飲ませなれない(缶詰は食べないし、まだ人なれが今ひとつ)
9月に入り、発作も減ってきましたが、3週間に1回ぐらいとその他小発作

Pocoおばあちゃんは、発作が起こりそうになると、毛布にくるんで抱きしめてくれます。
そうすると暴れて怪我をしなくてすみます。(階段から転げ落ちたりします)

10月1回

11月 時々小発作

12月
まだ小発作があるけど、すっかり太って元気なりました。

そして、、、お風邪で病院通い、、
心配でワクチンを待ってるうちに、、風邪を引きました。

でも、Pocoおばあちゃんのおかげで、すっかり甘えんぼさんです。

Pocoおばあちゃん、ありがとうございます。

Posted by kayosama | 21:11 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://nadeshikodays.blog77.fc2.com/tb.php/291-1e373de1

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog