荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

21 2008

ここまで来たんだ


去年の3月に、カーラと6匹の子犬を保護して、ブログを立ち上げて、やっとここまで来ました。

猫ボラで、子犬をほとんど知らずで、最初から四苦八苦し、
ブログには、弱音ばっかり書いてきたような気がします。

気の遠くなるほど長い1年でしたよ。

「いつかこの日が来る、だからがんばろう」
「いまに、笑って思い出せるときがくるさ」
といつも思ってやってきました。

ここまでこれたのも、多くの皆様のご援助と、ブログを訪問してくださった方々の暖かい応援のおかげだと思います。

ありがとうございました。

まだピンとこないところがありまして、現実感がないのが実態です。

先のことは何も考えていなかったので、これから考えていこうと思っています。

初めて見た日のカーラちゃん

2007_03140022[1]



ブログを書いてみて良かったこと

    キーボードがうまくなった。

    機械オンチなのに、デジカメを使えるようになった。

    つらい時に、とても励みになりました。

ブログを書いてみて困ったこと

    時々、「書きたくない病」に罹った。

    身内に、内情を知られすぎた(息子たちが、いつもチェックしてるみたい)

    
    書いているうちに、感情的にになってしまい、段々落ち込んで起き上がるのに苦労した。
    その上、後から読んで、はっきりそれが分かって、ますます自己嫌悪になってしまった。

結果 
    このような仕事(ボランティア)にしては、あまりに客観性にかけたブログで,一人でじたばたしたものになってしまった。     


  もうちょっと、、、、、何とかならなかったのか、、、と反省

  

  

Posted by kayosama | 20:52 | Comment [1] | TrackBack [0] | その他

«prev | home | next»

かよママさんこんにちは。
私がこちらのブログを拝見させていただくようになったのは去年の今頃からでしょうか。
かよママさんの周りでは毎日色々な事が起きているからか、見ているこちらにしてみるとまだ1年なんだなぁと思うほどです。
かよママさんは本当にたくさんの生と向き合い、そしてそれが死と向き合う事でもあり、それは誰にでも簡単にできることではないですよね。

時には悲しさや虚しさで投げ出したくなるかもしれません。
ブログを書くのが嫌になることだって大いにあると思います。
そんな時には無理せずまた書きたくなるのを待ったっていいと思います。
時にはブログに感情的なことを書いてしまってもいいと思います。
人間は皆感情的になる生き物なのですから・・・
そういうものも含めてかよママさんのしている仕事の大きさをきっと
息子さん達も理解し、誇らしく思っていることと思います。

ブログを見ることしか出来ない私ですがこれからも応援しています。
くれぐれもお体にお気をつけください。

Commented by みるくママ [URL] | 05/22 08:24| edit

TrackBackURL: http://nadeshikodays.blog77.fc2.com/tb.php/364-ded20d38

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog