荒野を駆ける風のように          



ガンドッグ 美しき狩人

07 2008

生い立ち



オーリーちゃんと共に、愛護センターにいたシーズーMIXは、18匹

オーリーちゃんと一緒に、私が引き取った子7匹以外の子たちは、無事に貰われていきました。

この18匹は、どこからきたのでしょうか。

灯かあさんと、こころくん、銀河くん、輝くん、そらくんの親子

姫ちゃんとオーリーちゃんの親は、どうしたのでしょうか。

個人情報ですので、センターの職員さんからは、詳しく聞けません。

シャンプーのお手伝いに来てくださった札幌のボランティアさんのお話と、センターの職員さんの言葉の端々から、概要が分かりました。

画像 016


この子達は、シーズとキャバリアのMIXだそうです。

(お父さんのキャバリアは、帯広に貰われていきました。)

去年の8月、ホームレスの男の方が、コンテナに40匹以上のシーズーMIXを飼っていました。

もともとは、普通のアパートに住んでいたようですが、家賃が払えなくなりホームレスになったようです。

去年の8月から、センターの職員が手放すように説得しました。

営利目的のブリーダーでないため、規制は適用にならず、ご飯は上げていたので虐待にならないために、説得しかなかったのです。

重ねたゲージの中は、ウンチにまみれ、その中で寝ていたために、ほとんどの子は、毛が剥げていました。(かゆみも酷かったでしょう)

しかし、ホームレスの方は、犬だけが生きがいだからと手放さず、犬たちは1匹、1匹死んでいきました。

今年の6月に、やっと18匹引き取ったときには、すでに6匹は亡くなっていたそうです。

その後、ホームレスの方は、行方不明になり、残っていた犬たちも、死んでしまったと思われます。

オーリーちゃんの母親も、たぶん死んでしまったのでしょう。

画像 020

やっと1歳を過ぎた年でこの状態、よく生き延びたものです。













Posted by kayosama | 22:01 | Comment [0] | TrackBack [0] | その他

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://nadeshikodays.blog77.fc2.com/tb.php/430-441a7971

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog